« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

アニメギガ。

 NHKの衛星放送(BS2とBShi)で大体一月に一度、不定期で放送されている番組が『アニメギガ』です。
 アニメの制作者や声優で、話題に登るような著名人(あくまでファンの中では、なので、制作スタッフまで見ない人が知らなくても普通)を一人呼んでみっちりインタビューする、約40分の番組。

 なにせ一カ月に一度、不定期なもので今まで二回ほどしか見たことないのですが(先日の18日にもありましたが見損ねました。25日にBShiでやるけど見られない……)、今度第3回までがBS2で再放送されるそうです。ラインナップは、
 7/25水曜日(火曜深夜) 0:00~0:39 ゲスト:山寺宏一さん
 7/26木曜日(水曜深夜) 0:00~0:39 ゲスト:平野綾さん
 7/27金曜日(木曜深夜) 0:00~0:39 ゲスト:今敏さん

 8月5日~11日には「アニメギガ・スペシャル とことん!押井守」として、BS2で押井監督作品のアニメが放映されます。有名所である劇場版「攻殻機動隊」「うる星やつら」「パトレイバー」などはともかく、TV作品で演出した数話やOVAがラインナップにあるのは珍しいですね。今どきの若いファンには、名前すら知らないものもあるでしょうし、いい企画でしょうね。TV版「うる星やつら」では押井さんの脚本や演出をされた数話の中からリクエスト上位のものが放映されるとのことで、特集サイトで募集しています。こちらは古いファン向けかいな(笑)。
 ……個人的には、このリストの中なら、第1位は古いファンなら誰もが知ってる第87話「さよならの季節」しかありえない(次点なら押井うる星最終回の第129話「死闘!あたるVS面堂軍団!!」か)。情報でしか知らない若いファンならどれを選ぶでしょうかね。まあ今ではDVDもあるので、見たければレンタルでも普通に見られますけど。

 個人的に目玉といえそうなのは、第2夜「8月6日(月)午後11時~午前1時」の「一発貫太くん」、第5夜「8月9日(木)午後11時~午前1時」のOVA二本、最終第7夜「8月11日(土)午後10時~午前5時[生放送!]」でしょうか。テープのころだと大変ですが、今はHDDで録画してるのでなんとかなりそうです(空きを作っておかねば……)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

残酷童話風味。『柩担ぎのクロ。』2巻発売中。

 第1巻で(個人的には)衝撃的な出会いをした、
 『柩担ぎのクロ。懐中旅話~カイチュウタビノワ~』
 の第2巻が出ました

 ホントは別の本を買いに行ったのだけど──ああ、おサイフにまだお金が残っていてよかった(無論これだけじゃなくて他の本も買いましたが)。このブログでは第1巻の話は書いてないので、改めて簡単に紹介を。

 著者は「きゆづきさとこ」さん。他に『GA 芸術科アートデザインクラス』などの単行本がある、漫画家兼イラストレイターさんです。私は単行本しかまともに読んでないので、他で何を描いているかはわかりませんが、ライトノベルのイラストなども担当しているようです。他にはゲームボーイアドバンス用ゲーム『ユグドラ・ユニオン』のイラストとキャラクターデザインを担当していて、今のところ代表作といえるのはこのゲームとこの本ではないかと思います。

 さて『柩担ぎのクロ。』は一見して童話的な世界観です。絵柄もそうですし、街並みなども中世っぽさを色濃く残していてヨーロッパ的な世界がモデルなのは間違いありません。ただし民の暮らしぶりは19世紀風ながらも、バイクも飛行機も一応ある世界です。そんな世界を旅する一風変わった旅人「クロ」が主人公です。年齢は不明ですがまだローティーンとも思われる(絵柄のせいでしょうけど、14歳ほどじゃなかろうか)小柄な女の子で、つばの広い黒く大きな帽子と黒いコートに黒いブーツの黒づくめ、顔の半分ほどもある大きな丸眼鏡をかけ、お供にしゃべるコウモリ「セン」、謎の棺桶(中身は1巻で、理由は2巻で判明)を背負って、黒い魔法を使う魔女を探して旅をしています。

 第1巻ではいろいろあって出会った二人の幼女?と一緒に旅をすることに。彼女たち──ニジュクサンジュは、見た目は可愛い女の子ですが(尻尾やネコミミがあったり、大きいけれどどこか虚ろな眼をしてるけど)特種な能力も持つ人造生命体の生き残り(29と30番目の──)。地下に閉じ込められていたけれど、作ったはかせたちは死に、その死もこれからどうするかもわからなかったためにクロに同行することに。舌足らずで悪意のないその無垢な感性と笑顔が、笑わないクロに次第に優しさを思い出させていきます。
 第2巻ではクロの過去がクローズアップされ、旅の途中で出会い旅人の心得を学んだ思い出深い異形の旅人との話や、生い立ちは不明のままですが旅を始めたばかりのころの様子、そして背負って歩いている棺桶の出自とその思いが描かれています。旅の原因がはっきり描かれていないためまだまだクロの背負うものがすべて解明されたわけではありませんが、第2巻で──特にクロが出会った少女モーのエピソードにより、その重さが示されてより物語性が増しています。不安そうな童話風なのは同じだけど、より原初の童話のような、人の思いよりも取り戻せない運命の残酷さが現れて。第1巻で出会ったニジュクとサンジュとのふれあいも、クロにときおり現れる不安も、いつか、いつでも、すぐにでも唐突に訪れる別れを予感させて物凄く不安にさせてくれます。

 少し硬めで素朴なラインのある意味昔の童話の挿絵風な絵柄と四コマ独特のキレのいいテンポがすばらしい漫画で是非ともお薦め──ああ書き忘れてましたが、これ四コマ漫画です。連続する数本で一話のエピソードが描かれるストーリー四コマと呼ばれるジャンルですが、四コマだけでなく大コマも使用してストーリーが展開します。

 さて『柩担ぎのクロ。』を紹介してるところの中から、「おふらいんver2」さんのところの第2巻レビュー記事にリンクを。私のなに書いてるかわからん記事よりも第2巻のキモを的確に書かれてるかと。但し画像とともにネタバレレビューなので、読む前には見ないこと。じっくり本を読んで──ほんわか、しみじみ、どきどき、わくわく、げっそり、驚愕、しくしく、ほうほう、最後にカバー裏見てニヤリ、してから記事を見ると良いでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

新たなるエルガイムMk-I

 バンダイのロボットもの完成品アクションフィギュアの新しいシリーズ、IN ACTION OFFSHOOT(以降IAOと表記)の第一弾として、「ザブングル」「エルガイムMk-I」が発売されました。
 とりあえずエルガイムMk-Iを買いましたので、その感想。

 買う前から今回のエルガイムはなかなかプロポーションがいいなあと思っていましたが、品を見るとマイルドながらもやはり今までのものよりもパースの効いたポーズを取らせると様になる、いい感じに仕上がってました。頭部は多少小さいかなとか肩がえらく小さいなとかもありますが、まあ許容範囲で。色はパールで、これも悪くない。
 なおこちらの都合で写真はありません。付属品や実際のプロポーションなどは他のサイトでお確かめください。そのうちカメラ借りられたら撮るかも。

 サイズは最近のガンダムSEEDのMIAと同等くらいで、小さめ。1/144だったスーパーハイコンプリートモデル(以降SHCMと表記)と比べて胸までしかありません。SHCMは足から頭頂部まで155㎜、IAOは120㎜。20.7mという設定から、大体1/172ってところですか。

 ガンダムのMS IN ACTIONシリーズにも勝る可動で、アクションは今までのエルガイムモデルの比ではありません。足首などはあえて設定のシリンダー接続を廃し、後部からの片持ち(ボールジョイント含めた)三段接続のおかげでかなりの可動範囲を誇ります。エルガイムは設定上、前後はともかく足首の斜め可動が結構制限されるのが基本だったので(最近のプラモは知りませんが)、この自由度には驚きました。
 足首だけでなく、肩や肘、膝も地味ながら一部にボールジョイントを使い若干斜めにできるため、微妙な表情をつけることができます(まあエルガイムのデザインと設定上、関節でひねるのはイマイチかもしれないが)。腰の横のカバーもボールジョイントで──これは太股に接続されています。SHCMも同様ですが関節でなく太股に垂直にバーで差し込まれているため、回してずらさないと脚が真横に拡がりません。たいした角度でなくても斜めにも動くだけ、自由度は高いです。これも含め、ボールジョイント多用の効果はMS系統にはない魅力でしょう。

 関節で嬉しいのは、足首以外では肩パーツの下で二の腕が横回転すること。SHCMはここが回らないために、腕を前に折り畳めないという欠点が。上腕を前に捻ることはできるものの、二の腕の肘側のとんがってる部分が前に向いてるためそれが邪魔で肘が曲げられないのです。SHCMで一番の欠点といえるのはこれくらいです。SHCMと同じく、設定に忠実に上腕がさらに内側に曲がる二重関節になっていたのも嬉しいところです(実質三重関節ですが、肩に触るほど広くは曲がらない)。また足の後ろ側のツメ、これが左右独立して折り畳み、回転するところも凄い。ワークス(トレーラー兼家)に寝るための折り畳みを設定とは違う方法で再現し、なおかつ大幅な可動を可能にしたこの足周り、アクションフィギュアとしての立ち位置ですけど、SHCMをはっきり超えてます。

 逆にIAOで惜しいのは膝関節ですか。設定上エルガイムは正座できる関節を持っているのですが(フレーム丸見えで安全上いいのかという気もするが)、材質と設計の段階でIAOでは正座できません(大体90°)。その点では最近のMIAのガンダム等にも負けます。SHCMと見比べると、一番のネックは内部関節の長さというか形状、その取り付け位置、次がパイプの硬さ。パイプはなんだったらSHCMを見習って材質変えればいいのでしょうけど(スプリング状パイプ等に)、関節のつくりはなんともなりません(SHCMではさらに太股の膝側の膨らんだパーツが上にズらせるので正座できる)。多少削ろうが無理なものは無理なのですっぱりあきらめた方が無難です。足首や股関節の広い可動で膝立ちもSHCMよりもよっぽど決まりますし。

 背中にはランドブースターライトが付いてます。左右にのびるアームの付け根が軽めで位置決めが難しいです。アームは真下から真上まで動きますが、SHCMは斜め上まででちょうどいい角度で止まり(設定上はどちらが正しいのか不明)、なおかつSHCMは小さなピンスイッチがあり、アームで押すことによってブースターの後ろの板?がバネで飛び出して伸びます。IAOでは無論そんなギミックはありません。手動で伸ばしたり縮めたりします。ただ私の購入した品では、その伸びる板が微妙に横に歪んでます。また、パワーランチャーから腰につなぐケーブル、先端のプラグもコードも一体成形で同素材のため、プラグ部分が曲がるのはいただけない。こういうところは素材の弱みですね。

 他にギミックとしては、脚のランダムスレートが開く際、シリンダーが連動して出てくるのはいい感じ。油圧?シリンダーとしてのギミックではなくて単につっかえ棒としてだけど、SHCMではシリンダーは別パーツでカバーを開いたあとで付けてただけに、面倒もないし失くすこともない。
 SHCMでは他に大きな売りとして頭部が引き出せて出てくる座にスパイラルフローを乗せることができるギミックがありましたが、さすがにIAOではその再現はないですね。大きさからして相当な無理とコストをかけないとできないだろうから、これはしょうがない。逆に首のボールジョイント接続のおかげで多少ながら回転可能なんだし(SHCMの首は多少上を向くくらいで左右回転はできません)、これはアクションフィギュアとしては当然の仕様でしょう。

 感想は、こんなところ。
 値段はそれなりだと思うので、エルガイムMk-Iが好きならお薦めです。できれば最低限、敵役としてバッシュ、仲間としてディザード(ヌーベルではなく)を出してほしいものですが……無理かなぁ。もし出すとしてもMk-IIなんだろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

説話拾遺

 これが実話であろうが創作であろうが、真実の一端を的確に表していることに違いないので、ここに記す。
 拾ったのは「2ちゃんねる実況中継」さんとこから。なんらかの原因で消えてもなんなので、今回はあちらの記事からコピー&ペースト。

------------------------------------------------------------------------------

ある大学であった授業

474 水先案名無い人 sage 2007/06/21(木) 03:39:01 ID:gGU3P5gL0

ある大学でこんな授業があったという。 
「クイズの時間だ」教授はそう言って、大きな壺を取り出し教壇に置いた。
その壺に、彼は一つ一つ岩を詰めた。壺がいっぱいになるまで岩を詰めて、彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」そう言いながら教授は、教壇の下からバケツいっぱいの砂利をとり出した。
そしてじゃりを壺の中に流し込み、壺を振りながら、岩と岩の間を砂利で埋めていく。
そしてもう一度聞いた。
「この壺は満杯か?」学生は答えられない。
一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。

教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。
それを岩と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。
「この壺はこれでいっぱいになったか?」
 学生は声を揃えて、「いや」と答えた。
教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。
「僕が何を言いたいのかわかるだろうか」

一人の学生が手を挙げた。
「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、
 いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」
「それは違う」と教授は言った。

「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、
 大きな岩を先に入れないかぎり、それが入る余地は、その後二度とないという事なんだ」
君たちの人生にとって”大きな岩”とは何だろう、と教授は話し始める。
それは、仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家庭であったり・自分の夢であったり…。
ここで言う”大きな岩”とは、君たちにとって一番大事なものだ。
それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君達はそれを永遠に失う事になる。
もし君達が小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしていけば、
君達の人生は重要でない「何か」に満たされたものになるだろう。
そして大きな岩、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果それ自体失うだろう。

------------------------------------------------------------------------------

 悪く言えば詭弁に過ぎない仮定はあまり頭の回転の速くない相手には効かないし(簡単に言えば小学生相手では真意が伝わりにくいだろう)、真実ではあるがその経緯も大事な場合は相手便りなたとえ話は当意即妙に答えられる相手がいたら効果は薄くなる(大学生ならもっと上手い受け答えをしたり、当意をはぐらかしたりツッコんだりする可能性がないとは思えないが……大学にもよるか)。

 だが、素直に聞いていればなるほどと思うし、要らぬ枝葉を考えなければ真実には違いない。いい話なんだけど、うちの甥っ子(小学六年、受験生)がこの話を聞いて未来の展望、今の自分の立ち位置に気付いてくれるくらいの中身があれば、苦労しないんだけどなぁ……。

 ……つーか、素直に読んで、なるほどと思った私が単純だなどとは思わないように(笑)
 私の行った大学では心理学でもなんでも、こんな内容を語る先生はおらんかったのう……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »