« 怪奇大作戦──セカンドファイル | トップページ | DVD、ドライブ交換、おつかれさん。 »

ReadyNAS NV+ が欲しい。かも。

 最近HDDがいっぱいになり、適宜必要でないデータをDVD-Rに書き込もうとしたところ、4枚ほど失敗したところで気づきました。DVDドライブがイカレてる。もっと早く気づけばよかったのですが、テスト書き込みは成功したけど本書き込み半分もいかず失敗とか、再生は普通にできるとかあったのでつい。二年ほど使ってましたけど、書き込みは多分三十枚もしてないはず。再生ピックアップが無事なのがもったいないけど、しょうがないので新しく買うことに。せっかくなので何かプレミアムをと、PioneerのDVR-A12J-BKを注文中。

 ただ大きなデータがやたら多く、外付けHDDのほうが安くて簡単に移せそうで、はたと悩みました。内蔵HDDが簡単で安上がりだけど、PC構造上これからの時期的にエアフローが不安。外付け置くのはいいが、USBはスピードが遅いしeSATAは無い。NASは一台もうある上に、そもそもこいつのバックアップが欲しいくらいなので──というところで堂々巡り。

 そんな折りにふと見つけた記事にあったのがI・O-DATAのNASの新製品「LANDISK Home」。今までの製品より一回り以上コンパクトで価格も下がり、2.0TB(テラバイト)で実質11万前後、1.0TBで6万円前後。いやまあこれでもかなり高いんですが、昔からすると随分安くなったなぁと。ただ色々見てるとそんなに性能がいいわけではないし、機能的にも色々削られたものもある。なによりコンパクトになってるためみっちりつまったHDDが、排熱が悪そうで(しかも中身はサムスン製HDD)なんとも不安。といってもバッファローのNASも含めて今までの製品は機能的ではあるけど高いし……。

 そうして調べてるうちに見つけたのが(長くてすいません)アメリカのInfrant社のNASキット「ReadyNAS」だったのでした。日本では基本的に本体だけの製品ですが(販売店によってはHDDをセットで売ってます)、性能、機能的にI・O-DATAやバッファローよりも上。造りも写真で見る限りではちゃんとしていてわりにコンパクト、日本の安価なRAIDボックスとは違います。なにより一応ハードウェアRAIDなので貧弱なシステムから使うよりはずっとマシ。

 調べてみるとビックカメラ.comで最新型「ReadyNAS NV+」本体が実質約90,000円(税込送料込で99,800円だけど一割分の9,980円のポイントがつく)で一番安そう──といってもHDD内蔵した LANDISK Home HDL4-G2.0 と比べると 2.0TBのHDD分高いんだけど。無論HDDは無し。他の店は本体だけだと大体94,800円が安い方。LANDISK Home よりは高いが、HDDを選べるしシステム等から考えると高いほうのLANDISK等買うくらいならこちらという感じ。

 当然HDDも買わねばなりませんが、こいつは最低1台から始められるX-RAIDという独自システムが売り(詳しくはこちら)。順次増やしていくことで自動的にRAID構成にできるらしい。つまり1台で普通のNAS、2台でRAID1のミラーリング、3台目、4台目をつなげると自動的にRAID5になるそうな。しかも容量が違っていても──先に250GBを四台つなげていても順次500GBにしていけば最後は自動的に4×500GBのRAID5になると(ただ小容量HDDが基本なので全部同じになるまでは500GBのHDDも250GB分の使用量)。その際にもRAIDの再構成はせずボリュームが自動的に増えるだけなので、データが消えることもないそうです。I・O-DATAなどではソフトウェアRAIDだし単に入れ換えても自動的に全部認識することもないので、かなり便利かも。

 ReadyNAS NV+ については簡単だけどこちらを参考に。より詳しくは本社サイトで。
 米製だけど、システム管理も本社サイトではFAQサポートも日本語に対応してるし、日本のユーザーも2ちゃんねる他でいろいろ書いてるようなので、とっつき易いという利点もあります。

 正直価格だけがネック。それも安価なキットや LANDISK Home を除けば問題ないレベルか。日本に直接の窓口がないのが気にならないならば。しかしHDD2台のRAID1から初めても約11万円……ううむ。悩みます。

|

« 怪奇大作戦──セカンドファイル | トップページ | DVD、ドライブ交換、おつかれさん。 »

コメント

 DVR-112系──わがDVR-111の後継ドライヴである──の純正ドライヴ、DVR-A12ですか。CD Manipulator(fix版)で書き込み可能なのが、大変うらやましいです……。(本題へのコメントじゃなくてごめんなさい)

投稿: 翡翠 | 2007/05/15 23:44

 別に直に関係してなくても大丈夫ですよー。

 寡聞にしてCD Manipulatorを知らなかったもので調べてみました。

 なるほど。とりあえず今使ってるライティングソフトが使えなかったら(対応ドライブリストに入ってないのです)考えてみます──これ、そんなに便利なの? 使い勝手がいいとか?

 ところでFIX板を置いてるページをみるとFIX-6はDVR-111への書き込みの不具合を修正したものとありましたが。お試しされてはいかがでしょうか。
 http://hp.vector.co.jp/authors/VA015850/software/cdm-fix.html

 ドライブ、明日か明後日には着くはず。
 ベージュがないものでどうせならとピアノブラックにしたけれど(SoundBlaster X-Fi の5インチベイIOのフタも同じピアノブラックなので)三つのベイのうち二つだけ黒というのもなぁ。いっそもう一つに置いてるHDDも黒いリムーバブルHDDラックにでもしようかしらん。あとはフタを自前でツヤありブラックで塗るか。

投稿: やずみ | 2007/05/16 01:12

 CD Manipulatorは、CCC○を通常音楽C○化するときの吸い出しに重宝します。そうして焼きなおすと、音質が向上する──というより劣化していた音質が普通に戻るらしいのです。
 CCC○も、今となっては過去資産ですけどね……。(Safe○iscも)

>  ところでFIX板を置いてるページをみるとFIX-6はDVR-111への書き込みの不具合を修正したものとありましたが。お試しされてはいかがでしょうか。

 おお、そうだったんですね。Fix-6で試したところ、書き込みできました(isoイメージを読ませました)。大変ありがとうございます!
 お陰で、cueシート付きimgイメージ書き込みソフトを別に用意する必要が無くなりました。

投稿: 翡翠 | 2007/05/16 23:19

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ReadyNAS NV+ が欲しい。かも。:

« 怪奇大作戦──セカンドファイル | トップページ | DVD、ドライブ交換、おつかれさん。 »