« マッハロッドでばろろーむ。 | トップページ | DivX Pro 本日限定でシリアルナンバーが無料 »

とりあえず──HDD、500GB。

 HDDの空きが少なくなり、にっちもさっちも……ということで悩んだ末に、ベアドライブのHDD(バルク)をひとつ買うことにしました。何かに使いたけりゃ、用途によってあとでどうでもできるように。
 でまあ定番でHITACHI製(HGST)の500GB、Deskstar「HDT725050VLA360」を。WestanDigitalの500GBのほうが1,500円ほど安かったんですが。ベアでは初めてのSATAです。うちのFLORAはSATAポートを持っておらず今のところ直にはつけられないのですが、どうせ内部には今つける余裕はないし、アイオーデータのLANDISKや店のPCはSATA基本だしeSATA端子もあるので、先を見越してSATAに。税込15,380円。

 で、これまた流用可能なことを考えてHDDケースも購入。OwltechのSATA専用HDDケース「3ステップケース ガチャポンパッ! OWL-EGP35/EU(B)」です。税込4,800円。外側はアルミ(前後はプラ)ですがHDDとは接しておらずヒートシンクにはなってません。代わりに右側から8㎝ファンで吸気して内部を通って前後に排気して冷やします。アルミのガワをヒートシンクにして冷やすケースも多いですが、こちらの方が安心かと。後部にUSB2.0(Bタイプ)端子とeSATA端子がついててどちらでも接続可能。付属品はUSBケーブル、eSATAケーブル、SATA→eSATA変換ケーブル、ACアダプタ、Windows98SEドライバやバックアップソフト等を入れた8㎝CD-ROM、縦置きスタンド、説明書。

 HDDの接続は、まず後部のスライドレバーを押すだけで中のフレームが出てきます(ラッチ外すと重みで本体がすぐ落ちるため、HDD内蔵中は傾きに要注意)。フレームの底に8㎝ファン、奥にコネクタ等基板がついてます。HDDの基板側もファンに重なるのでエアフローは効果的。HDDを少しスライドさせてコネクタに接続、フレーム両側のプラの固定レバーを下ろしてHDDのネジ穴に差し込みワンタッチ固定(振動対策が不安だけど、特にビビリ音もなし)。そのためHDD本体も手軽に取り替え可能。
 アイオー製品などと違い、隙間が多いのとファンコントロールがきかないのが欠点か。ファンの音はPCやTV点けてたりすると気になりませんが、静かだとちょっと気になるかも。利点はベアのままだが手軽に交換、内蔵するHDDを選べること。安いこと。PCと接続しているときは、連動して自動で電源オンオフ機能アリ。

 とりあえずHDDをケースに入れ、USBでFLORAに接続、フォーマット。NTFSだとすぐできるが、問題はうちにあるアイオーデータのLANDISK「HDL-GX300」。LANDISKは内部Linuxで動いていて、読み書きはFAT32フォーマットか専用フォーマットでしかできず、NTFSだと読む込みのみ。そのため使い回すにはFAT32でフォーマットするしかないが、XPではデフォルトでは32GBまでしかFAT32フォーマットできない。いろいろ捜してるとバッファローがFAT32フォーマットできるフォーマッターを配布してたので、それを落して使用するとなんとかフォーマットできました(クイックフォーマットなら簡単だけど、クラスタチェックまでしたら一時間ほどかかった)。

 最初にNTFSフォーマット。というかXPからだとNTFSでしかフォーマットできないんですが。
 USB2.0接続でFLORAから書き込み読み込みテスト──OK。
 PCから外して、LANDISK(HDL-GX300)の後部USB2に接続。本体の設定はとくになく、しばらくして認識しUSB2のランプがつく。エクスプローラーからはLANDISKのようにドライブとしての認識はなく、LANDISKの容量も増えていない(ネットワークドライブとして登録してないから)。マイネットワークを見ると、ネットワークに「usbdisk2 - HDL-GX series (Landisk)」を発見。その後先程のデータを読む──OK。
 再度USBでFLORAに接続。バッファローのDISK FOMATEERからFAT32フォーマットをする。データを書き込み読み込み──OK。再びLANDISKのUSB2に接続、マイネットワーク「usbdisk2 - HDL-GX series (Landisk)」発見。読み込み──OK。書き込みテスト──OK。
 速度としては、LANDISK経由でUSB接続のHDDに約374MBのムービーデータを送るのに約40秒(コピー時のウィンドウには残り35秒と出る)。約9MB/secってこと? USB2.0接続だけどこんなものか。これってLANDISK経由でもやっぱUSB接続だから遅いのか? MPEG4ムービー見る分には十分だけど。
 試しに同じデータをLANDISKのほうにコピー。……50秒近くかかった。なんでPC経由でない、直に繋いでるほうがコピー遅いんだー。

 次にLANDISKとの接続をeSATA接続にしてみる。PCからLANDISK経由でeSATA接続のHDDへのコピーは先程とほぼ同じ時間(表示も残り35秒と出る)。LANDISKから新HDDへのコピー……表示は残り60秒! さっきのUSBよりより遅いぞ、どういうこと(笑) まあ誤差だと思いますが。

 追記:PCにUSB2.0接続して同じファイルのコピーをしてみました。うちのFLORAは古いのでマザーのUSBは1.0、PCIスロットに接続したシステムトークスのコンボカード「スゴイカード UFG2」にてUSB2.0を使用しています。2個しか端子がないのでそこに同じシステムトークスのUSBハブ「スゴイハブ」を接続してて、そこに新HDDをつなぎます。コピーの結果は……表示残り25秒。あきらかにLAN上に接続するより速いです。今現在PCが一個しかないうちの環境では、特にLANDISKに増設分として接続しておく必要はなさそうですね。そのうち内部のPCIスロットにつけたパラレルATAカードの代わりにeSATA端子のついたSATAII対応拡張カードをつけるつもりなので、そうしたらeSATA接続も試してみたいです。

 LANDISKのUSBやeSATAの端子まわりが遅いのか、NASとしてのシステムの処理(メモリとか)が遅いのかわかりませんが、とりあえずLANDISKに増設としてHDD接続する分には端子による違いはまったく無い模様。この程度のHDDケースなら、わざわざeSATA接続することはありません(回路の問題かもしれないので、一流メーカーの外付HDD、または主機がよりハイスペックなNASならもっと速いのかも)。

 ただLANDISKはeSATAでつないだHDDをRAID1としてミラーリングで使えるので、この場合はeSATA接続にする必要があります(USBだとソフトウェアでリモートバックアップはできますが、RAID1のミラーリングはできません)。ミラーリングはLANDISK内部の設定で行いますが、今回はパス(かなり時間がかかるっていうし、300GBのHDDをわざわざ500GBにミラーするのももったいない。そのうち320GBのHDDでも手に入れたら試すかな)。もしLANDISK内のデータをバックアップするつもりなら、HDDをeSATA接続にしてミラーリングしたほうがいいでしょうね。ミラーリングなら多分PCから書き込む際に同時に書き込むだけなので(最初はフルコピーで時間かかりますけど)速度の低下はさほどないはず。むしろLANDISKから必要な分だけコピーするリモートバックアップなどの場合、データが大きいと(データ量次第だけど)余計に時間がかかることにもなりかねません。

 現在はLANDISKのとなりに置いていますが、これは置き場所の問題もあるけど、せっかくのファンを有効活用しようと思って。LANDISK(HDL-GXやGXRのタイプ)は使用していないとファンが自動停止するけれど、ヒートシンクになっている本体のアルミ部分は結構熱くなります。不在時、いまのところ熱暴走はないと思うけど、あまりよくないのは確か。ガチャポンケースの場合LANDISKに繋いでいてもファンはずっと回ってるので(PCにつないでると電源連動機能でPCと一緒に落ちる可能性がある)、LANDISKの横に置くことで空気の流れを隙間に発生させ同時にLANDISKの本体も冷やそうという試み。実際LANDISKのガチャポンケース側の側面は反対側よりも多少なりと温度が下がっているのを確認。エアコンなしのときは微妙だが、エアコンつけて部屋が(外気温が)冷えてるときだとはっきり差がわかります(もっとも温度計が今ないので正確な温度差は不明)。

 追記:PCにUSB接続しているとオウルテックのこのケースは自動連動で電源がオフになります。したがってファンも止まり、LANDISKはその恩恵を受けられなくなります。ちと残念。
 あとミラーリング用途なら関係ないのですが、増設用途で使うとなるとちょっと面倒なことが。いきなりケーブル外して他につないでも新HDD自体は使えますが、LANDISKはケーブルが外れてもeSATA端子先のHDDの認識を自動では開放しません。IEなどのブラウザで設定画面にアクセスし、「切り離し」を行う必要があります。するとLANDISK本体が自動的にシャットアウトされるのでその後ケーブルを抜くようにと出て、電源が落ちます。そして電源ボタンを押して起動するとeSATA接続の認識が解除されていると。面倒ですが、USBのように手軽にホットスワップはできないということですね。ミラーリングしてるならともかく増設でここまで面倒だとは思いませんでした。速度も変わらないし、増設ならUSB接続の方が電源切らなくてすむだけ楽かも。……実用に際し、どういった不具合があるかどうかはわからないけども。

 とりあえずこんなところで。
 単体HDDケースとしては高いほうですが、使い勝手は悪くないし、ファンの音もそこそこでいいケースだと思います。先のことを考えるとeSATA端子がついてるのもいいと思うし。どうしてもファンレスで静かなのがいいというのでなければ、お薦め。

|

« マッハロッドでばろろーむ。 | トップページ | DivX Pro 本日限定でシリアルナンバーが無料 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とりあえず──HDD、500GB。:

« マッハロッドでばろろーむ。 | トップページ | DivX Pro 本日限定でシリアルナンバーが無料 »