« ストリングス──ひもでつながれてるのはだれ? | トップページ | 星の夜の爆発。 »

コシナとカールツァイス。そしてマクロ。

 最近デジカメを欲しい欲しいと思いつつ、あちらこちらデジカメ絡みの記事やらサイトを見ていたところ、実に美しい写真を見かけました。まあ美しいといっても、構図や色すべてを包括して芸術的な、とまではいかず、ごく普通にため息が出たくらいの人為的な切り取りによってそう見える自然の美しさであります(何を言ってるのかよくわからないかもしれないけど、そういう感じ)。

 それはimpressのコシナ「Makro Planar T* 2/50 ZF」(50mm F2)についての記事でした。コシナが日本で販売するカールツァイス社のプラナーブランドのマクロレンズです(マクロのつづりがドイツ語でMakroになってる)。えーと製造もコシナなのかな。記事にもありますが、この焦点距離にして(50mmと100mmの単焦点二つがある)F2という明るさ、9枚羽根絞りのなかなかに凄いレンズです。

 そして作例の花々。ボケが綺麗に出てて被写界深度の浅いのとあいまってピントの合った部分のパーツの美しいことといったら。最近コンパクトデジカメの写真ばかり見てたせいもあってか、まさに圧倒的です。というかそこらの一眼レフのセットものとも明らかに差が。一眼レフ持ちがレンズほしがる気持ちがよくわかりますねぇ。無論値段もお高く、ちょっと手が出ません。

 今現在欲しいデジカメはコンパクトデジカメの部類だし、ニコンの一眼レフも持っていないので、いずれにしろ私には関係のないシロモノですが……。まあここまでの物は明らかに無理だけど、マクロ写真撮りたいなぁ。しかし欲しい機能を考えると、どうにもピッタリのデジカメがなくて未だに決められません。三つ四つ買えるなら全く問題はないのですがそういうわけにもね。予算の壁もあれば機能の壁も、性能の壁もある……どこを妥協すべきかが問題でー。一台じゃ無理なのは当然として、これ専用っていえるものも特にないのが厳しい。ちょっとした旅行とか出先での物なら妥協点はいくらでも出せるのですがね。コンパクト機って案外長所だけを見られない──短所が思いのほか足を引っ張る──のが厳しいです。特に最近のは似たようなものが多いし、二三年前のを見ると個性的ですが、やはり古いだけあって趣味の部類に属するものも。いやまあブログで小さい写真だけなら文句はないのですが。


|

« ストリングス──ひもでつながれてるのはだれ? | トップページ | 星の夜の爆発。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コシナとカールツァイス。そしてマクロ。:

« ストリングス──ひもでつながれてるのはだれ? | トップページ | 星の夜の爆発。 »