« らっこの毛皮が来るよ! | トップページ | 最近のアニメの新番組その1。 »

リコー新コンパクトデジカメ「Caprio GX100」

 リコーの新しいコンパクトデジカメが発表されました。
 「Caprio GX8」の後継機で(実質は単焦点の「GR DIGITAL」の後継機かもしれない)広角24mmからの光学3倍ズームを持つ、CCDシフト手振れ補正搭載の1000万画素クラスCCDのデジカメ「Caprio GX100」です。

 コンパクトな上にマニュアル絞りとマニュアルフォーカス対応、
 CCDシフト手振れ補正搭載、
 35㎜判換算で広角24㎜から72㎜の光学3倍ズーム、
 マクロは最短1㎝から(望遠側でも40㎝から)、
 ISOは80から1600、シャッターは180秒から1/2000まで、
 RAW保存対応で大容量SDHCメモリカード対応、
 動画も640×480で30コマ/秒まで対応、
 インターバルタイマーは5秒~3時間(5秒感覚)、
 ワイヤードリモコンにも対応、
 リチウムイオンバッテリーで約380枚撮影可能で(EVF使用時は約320枚)、
 緊急時には代わりに単四乾電池2本も使用可能(約35枚~30枚)。

 特色としては、他にコンパクトデジカメ初の着脱式液晶ビューファインダー(EVF)が付くこと。

 多少形としてはいびつになりますが、外部フラッシュ用ホットシューに着けることができます。上向けに90°起こすことができるので(途中の角度で止められるかは不明)低アングルのマクロ撮影等に便利。とあるけど、本体が小さいのでどっちにしろ使いにくそうな気も。あとEVFを上向けにすると物理的に内蔵フラッシュがポップアップできず(ホットシューの前にあるので)使えなくなるそうだけども、ホットシューも使えないので結局フラッシュは全く使えないことになるのでは。GX8は内蔵フラッシュはレンズ横にあったのでそこなら関係なかったのに、レンズが端から真ん中に来た関係で上部に移った模様。ここらへんはなんとかならなかったのかな。後付けで考えられるのは、ホットシューから同期用にアダプタみたいなものをかまして横に外部フラッシュもてるようなグリップ着けるとか。ただホットシューのすぐ後ろにEVF用の端子があるので、付かない可能性大。
 今後リコーはすべてのデジカメで着脱式EVFを使えるようにするとのことなので、次期デジカメでは多分改良されるのでは。

 ちなみに発表会の様子がこちらに。ここにEVFを立てた状態の写真もありました。なるほど内蔵フラッシュの上に立ってる。しかしこんな単純な仕組みなら、なんとかできたような気も。

 ともあれコンパクトなのと高倍率の光学ズームは両立しませんが、それを除けばかなり欲しいデジカメの要素を満たしているので実に興味があります。あとは画質かな。

 ただお値段が実買8万前後という話なので、想定予算をかなりオーバー(EVF同梱しないキットも出るかもしれないけど、そんなに値段変わらないだろうし)。
 まあ多分買えません……。

 パナソニック、LUMIXのFZ一桁シリーズ、USBのワイヤードでいいからリモコン対応にしてくれないだろうか……。広角が足らないのは我慢するが、せめてレリーズかリモコンだけでも欲しい……。結局手軽さを我慢して、FZの二桁シリーズになるのかなー。FZ50の次が出るのは多分夏……。

|

« らっこの毛皮が来るよ! | トップページ | 最近のアニメの新番組その1。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リコー新コンパクトデジカメ「Caprio GX100」:

« らっこの毛皮が来るよ! | トップページ | 最近のアニメの新番組その1。 »