« 「ガイキングLOD」公式ファンブック | トップページ | 石川賢氏、ご逝去。 »

各社より、続々HDCP対応モニタ発表。

 先日、老舗のナナオ(EIZO)三菱よりHDCP対応DVI端子付のモニタが発表されましたが、他社からも新製品が発表され始めてます。

 まずはこれも老舗のiiyamaから、19型ワイド液晶「ProLite E1901WS/-B」。サイズが小さくフルHDそのままは表示できないものの──同系統の22型等フルHD対応モデルも多分出るのでは──驚くべきはその価格。なんとオープンプライスながら、直販価格は35,800円だとか。全くもって驚嘆する他ありません(いえ前モデルなら三万切ってますけど)。そのスペックもみたところそう悪くなく──もっともつっこんで見るとそれなりの仕様だったりしますが──端子もDVI-DとD-subの2端子あったりスピーカー内蔵だったりと、単体で使うのに必要十分な機能はあるようです。画質等は見なければわかりませんが、サブとしては十分なコストパフォーマンスかと思われます。本来は今後増えてくるであろうパソコンでのHDCP環境への対応なんでしょうが、気楽にデスクトップで次世代ゲーム機やDVDプレイヤーをつなぐのにも活用できそうです。
 手軽に二台目を入手しデュアルディスプレイ環境にするのにちょうどよいかと思いますし、低価格でパソコンセット組むのにもいいかもしれません。まあモニタ一台しかとりあえず持てないとしたら、(そして予算がもうちょいあるなら)まだ、ちーくと考えますけどね。あとグレア処理画面ってのも好みじゃないし。

 続いてはこれまた老舗?のDELLから、前機種の改良型と思われる、30インチモニタ「3007WFP-HC」です。残念ながらアメリカ本家サイトにもデスクトップ絡みの速報だけでまだ詳細はちゃんと載ってないようですが(前機種のまま)、engadget japanese記事が載っておりました。みたところ、端子等だけでなく、前機種よりちゃんとグレードアップした液晶を使ってるようです。バックライトの冷陰極管がアップグレードしたおかげでNTSC比92%の広色域実現だそうですが、先の三菱のモニタと同等ですね。同じところの液晶なのかな?(方式名が違うようですが……)

 DELLはとにかく割安感はありますが安心感は低いのがネットでは知られているので、とにかく手軽に巨大モニタが欲しいのでなければ、そう考慮する必要はないでしょうね。実際問題価格もまだ高い。大体現在のハイスペックパソコンでも最新最強のものでなければ、まともに使うのも苦労しそうですし(ただ表示するなら普及価格グラボでもできますが、ゲームや映像関連で使うにはハイスペックグラボ不可避)。

 そこんとこ、engadgetの記事の最後に爆笑。いやまったくそのとおり(笑)。最近出たGeForce8800だと一枚でも十分遊べるらしい2560×1600サイズでのゲーム、一度はやってみたいものです(先の話かと思うでしょうが、実際に今でもあるそうで。FPSだとまさにリアルサイズ)。

|

« 「ガイキングLOD」公式ファンブック | トップページ | 石川賢氏、ご逝去。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 各社より、続々HDCP対応モニタ発表。:

« 「ガイキングLOD」公式ファンブック | トップページ | 石川賢氏、ご逝去。 »