« ──正気か? | トップページ | だれがMary Sueを…… »

時には隣人のように

 いままであまり義援金等に資金出したことはないです。
 街頭でやっているやつは妙にやりにくく、信じやすいタチながらホントに相手にまで届いているのか不明なあたりが信じきれずに大概は無視。例外は学校で、今は町内で回してくる赤い羽根募金くらいでしょうか。

 にしても、こいつらはほんとに情けないですね。言ってみればすぐ近所だってのに、良心ってもんがないんだろうか。

 ニフティではこんなものをやってました。

 なかなかに美しい写真だったので、二三落としました。
 こういう風景写真、好きなんですよ。


 いや、ホント。
 ──ホントですよ?
 ちゃんと下のクリックも押して、先へ進みましたよ?
 時には、現実の隣人でもない、にもしないことも、フィルターを通してしたくなるときもあるということで。


 前から冬によく聞いてる(最近は車で)CDの中に、冬の、雪に包まれたホテルやリゾートをテーマにしたコンセプトアルバムがあって、それもこんな風景写真がジャケットに載ってます。

 ここの二段目にあるMrs.Jones Lovers「SNOWBIRD HOTEL」というアルバムです。バラードなど大人のムーディーなイメージもある曲調もいいし、男性女性ボーカルもいい感じ。しんとした冬の夜、聞くにはぴったりのアルバムです。なにぶん廃盤ですが、レンタルではよく出てたのかレンタル落ち中古二枚入手しました。
 ちなみにサザンのメンバーらも参加してたそうですが……ってこの女性ボーカル、名前よく知らなかったけど「シルエットミラージュ」や「To Heart」の歌も歌ってたんかい。知らなんだ。うう、いまやこんなに立派になって……。

|

« ──正気か? | トップページ | だれがMary Sueを…… »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時には隣人のように:

» 災害便乗詐欺が出没注意 [秋沙のココログ既知ログ]
 被災地で泥棒や、支援金募集の名目でお金を要求するもの。  駅などでの募金や署名 [続きを読む]

受信: 2004/10/27 00:20

« ──正気か? | トップページ | だれがMary Sueを…… »