« 2004年9月 | トップページ | 2005年3月 »

時には隣人のように

 いままであまり義援金等に資金出したことはないです。
 街頭でやっているやつは妙にやりにくく、信じやすいタチながらホントに相手にまで届いているのか不明なあたりが信じきれずに大概は無視。例外は学校で、今は町内で回してくる赤い羽根募金くらいでしょうか。

 にしても、こいつらはほんとに情けないですね。言ってみればすぐ近所だってのに、良心ってもんがないんだろうか。

 ニフティではこんなものをやってました。

 なかなかに美しい写真だったので、二三落としました。
 こういう風景写真、好きなんですよ。


 いや、ホント。
 ──ホントですよ?
 ちゃんと下のクリックも押して、先へ進みましたよ?
 時には、現実の隣人でもない、にもしないことも、フィルターを通してしたくなるときもあるということで。


 前から冬によく聞いてる(最近は車で)CDの中に、冬の、雪に包まれたホテルやリゾートをテーマにしたコンセプトアルバムがあって、それもこんな風景写真がジャケットに載ってます。

 ここの二段目にあるMrs.Jones Lovers「SNOWBIRD HOTEL」というアルバムです。バラードなど大人のムーディーなイメージもある曲調もいいし、男性女性ボーカルもいい感じ。しんとした冬の夜、聞くにはぴったりのアルバムです。なにぶん廃盤ですが、レンタルではよく出てたのかレンタル落ち中古二枚入手しました。
 ちなみにサザンのメンバーらも参加してたそうですが……ってこの女性ボーカル、名前よく知らなかったけど「シルエットミラージュ」や「To Heart」の歌も歌ってたんかい。知らなんだ。うう、いまやこんなに立派になって……。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

──正気か?

 今回は、愉快でもなく思考的でもなく、ただ感情的に。

 今日の新聞で読んで驚いた。ちなみに朝日だけでなく地元紙にも載っていた。で第一印象がタイトル。

 むろんどこまで本当のことかなんて、今の自分にはわからないが、こういうので嘘ばかりも書かないだろう。と前提しておく。

 イスラエルの決めた境界線に近づいて、少女が死んだ──するとあれか、距離とか決めているらしいが、ただの町中、鉄条網はともあれ、地面にライン引くとかロープ張るとか警告文書くとかしてないのか。距離内に入れば問答無用で撃つと決めているのに。

 ろくに見もしないイスラエル兵士に撃たれた──100mもない距離で13歳の少女を大人と見間違えるというのもアレだが、警告も無しに発砲するってのはなんだ。もし自爆テロリストと疑っても、普通は止まれくらい言うぞ。現に前にそういう事件もあったし。少女が気づかないというのも、耳が聞こえないとか目が見えないとかでなければ無理だろう。

 身体に二十発もの弾丸があった──だとすれば70mも離れて二十発打ち込むのは並大抵ではないので、まず近距離まで近づいているのはたしかだし、近づけば少女というのは当然わかる。それでいてとどめに二十発もの弾丸を撃ち込む理由がどこにあるか。本当に自爆テロリストだと思ってたら(爆弾がみえたとか)まず逃げるだろ。 

 何人もの部下が目撃し、告発した──ただし否定する部下もいるらしいが。こういう場合、目撃し告発したのが一人だけならわからないが、複数いるという点で信憑性が高くなる。もちろんグルでハメたと考えることもできるが、少女の身体に二十発の弾丸があった以上ある程度近距離から撃たれたことは明白だし、それがほぼ前面からすべて撃たれていたとすれば(そこらへんは不明)まず間違いなく倒れたあと近距離で撃ったということも言えるだろう。そういう状態であれば、複数の兵士から目撃するのは容易であるし、否定する兵士は単に事実がどうであろうが上司の側に立って擁護しただけの可能性が高い。

 問題の司令官は、なぜ止めをさしたのか?
 止めをさせば、問題にならないと思ったのか?
 死人に口なし? アホか? たった一人に二十発も撃っておいて証拠にならないと思ったのか。
 兵士に人間味はいらんかもしらんが、民間人に対する良心ってものはいらんと思ってるのか?
 自爆テロにおびえてるか過激に報復したいとか、そんな私事の原因でやりすぎたってのか? そんな戦争のきっかけになりやすい人間を司令官にし監視所に配置するバカはどこのバカだ?

 ……まあ一番問題なのはこれだけでなく、記事にもあったが、パレスチナではこれくらいの少女が銃撃され死亡するのは特別なことではないという文だったりするわけだが。

 ちなみにイスラエルでは、以前こんな事件もあった。どちらも全く少女個人に罪はない。無知は罪だという言葉もあるが、子供がそんな罪で死んでたまるか。大人同士の問題ならともかく、子供を巻き込むな。もし子供が無知ゆえの罪を犯そうとしているなら、止めて教えるのが大人の役目だろう。イスラエルとパレスチナのテロリストどもは、そこらへんを全く考えてない。民族の未来のためにと言いつつ実際は未来を──未来を作るはずの子供らを──無視している。いや、戦争をしかけるものはみなそうなんだろうが……。

 まったく、このイスラエルびいきで守ってる米も、それに追従する日本のアレも、どちらもいっしょ、どうかしてる。ムーアのいうことにすべて賛成するわけではないが──映画見てないしインタビュー以外で言い分を聞いたことがない──だいたいにおいて、言いたいことは同じようだ。

 テロリストの温床を育てているのは、米自身じゃないのかい? テロを撲滅するためにといいつつ賛成してる国々も、民間でもわかることをわかってないフリをするというなら、それは無知以上の罪じゃないのかね。すなわち知っていてわざとつく、嘘という──。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2005年3月 »