« セドナ──意味を知らなければいい名前なんだが。 | トップページ | 横山光輝氏、ご逝去。 »

女神と鯨の物語

 以前も書きましたが、
 NHK-BS11で、土曜の朝9時からやっている「ふたつのスピカ」というアニメがあります。

 始めて見たのは第二回でした──始まってたのを知らなくて一回目は身損ねました。録画したビデオを再生したとたん、思っても無かったアップテンポの曲が流れました。キャラデザインは知っていたものの、原作を知っている私としては全く考えてもいなかった曲調に、最初はハァ?となりましたが、中盤からのメロディと歌詞が画面と見事にマッチしているところでオオッ!と驚き、短い──全く短く感じられたオープニングが終わった時には、惚れ込んでいました。原作の絵柄とは相反する曲調ながら──しかし耳に残る素晴らしいメロディ──見事に原作のイメージを示した歌詞が素晴らしい。私は音楽を気に入ったらそのイメージで内容を補完するたちなので、これで本編も半分以上気に入りました。
 第二回は正直、内容の良さが作画にスポイルされていると感じましたので(作画がイマイチな回でした)、余計にオープニングが印象に残りましたね。何度繰り返しOPだけ見たことか。

 そんなわけで、待ちに待ったCDが先日三月三日に発売されました──今日になってようやく入手。

 Buzyのデビュー・マキシシングル「鯨」です。

 Buzyは6人組みの女性グループで、これまではライブで活躍していたそうです。そのライブでも人気のあったのが「鯨」で、「ふたつのスピカ」の主題歌「Venus Say…」は、その歌の歌詞を変えた別バージョンなのでした。インディーズでもCDになっていなかった原曲もまとめて聞けるので、古くからのファンにも「スピカ」で好きになったファンにも待ちに待ったCDと言えるでしょう。作曲と作詞はポルノグラフティの人だそうで、なるほど同じ歌の感覚ですが、ストーリーの一角に合わせた「Venus Say…」の歌詞は見事です。ただ、この歌、一番しか無いのはちょっと残念。TV版サイズしかない歌というのは今までもありましたが、できれば二番くらい欲しかったです。別アレンジでもいいから、長くしてくれないだろうか。

 また、その二つに挟まれた「コスモスの咲く頃に」も心地よい歌です。失恋してまだ相手を忘れられないという歌詞なんですけどね。この歌は昔聞いた何かの歌とイメージがダブるなぁ……なんだろう。

 総合的にお買い得なCDでお薦めです。声も気に入ったし、アルバムが出たらまた買うかも。
 ……そうそう、発売前のプロモーションで予約限定でBuzyのDVDが入手可能だったのですが、展開した店が全国で数店。東京の友人に頼むつもりだったのに、忘れてて日にちがなくなりました。がっくし(;_;)

|

« セドナ──意味を知らなければいい名前なんだが。 | トップページ | 横山光輝氏、ご逝去。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女神と鯨の物語:

« セドナ──意味を知らなければいい名前なんだが。 | トップページ | 横山光輝氏、ご逝去。 »