« 時は未来、所は……あれ? | トップページ | 「なになにになった青年」……がヒント »

デジカメには、安くて便利

 かなあ?
 コクヨが出すという、デジカメ用のスタジオシリーズ「キレイに撮り隊」。前に雑誌でこういうの出すという話は聞いてましたが、これだったかな? それとも他のメーカーもにたようなものを出すんだろうか。

 単体でいうと、さほど安いとは思いません。どれも微妙に高いかな。

 デジカメスタンド──三脚は、このサイズで伸縮もわりとあってデジカメ用にはぴったりだと思います。広めの机がなくともコタツあたりの前で60センチくらいに伸ばしてコタツの上の被写体向けて使ったりするには便利そうだけど、この細さだとタイマーかリモコンないとシャッター押すときにブレそうだし。ただ、デザインを気にしなければ、いつも使う場所に合わせて選べばもっと安い三脚でも全く構わないし。大体コンパクトカメラ用のこれくらいのって三千円台じゃないっけ?

 デジカメライト──照明はコンパクトで、机上で使うにはセッティングしやすそう。ただ光量、ほんとに大丈夫かという気もする。あと電球型蛍光灯だし。長寿命でいいんだけど色合いが……ってデジカメだからそこらへんはそんなに考えなくてもいーのかな。スタンドの回転するシェードは便利そう。しかし六千円……やっぱりちょっと高い。というか一つじゃ意味無いので最低二つだと一万二千円……明らかに高いか。このサイズの蛍光灯で、こんなに高いスタンドは今はまずない。シェードとか自前で作るなら、照明なぞ半額ちょいあれば二本揃えられる。
 ただ性能とデザイン考えて、性能とかあまり気にしなければこれはいいかも。少なくとも三脚よりは使い勝手でバリューあり。あくまで、小さめの物をお気楽に撮るなら。

 デジカメスタジオ──撮影用のバックシートは、布さえあれば簡単にセッティングできるが、その時々出し入れしてるとけっこう面倒。照明当てると布地のシワも写るので折り畳むなどの取り扱いは丁寧に。その点これはカバーもあれば折り畳みも出来てかなり便利。傘が光りを柔らかくし均等にアテられるのもいい……ということはライトのシェードが回転しようがあまり関係ないか。じゃあスタジオだけ買って、あとは普通の機材で済ますというのが安上がりかなぁ。
 ただ外側に半円型シェードがある分、被写体のサイズが限られる。手のひら大のものを撮るには十分だけど、ちょっと大きな──たとえば1/100ガンプラくらいだともう正面少し上からバストアップくらいしか撮れないんじゃなかろうか。全身入れると、後ろにシェードの一部が入りそうで。これはカメラにもよるけど──うちはマクロはあるけどズーム無しなので、これくらいの被写体だとかなり下がるか、無理にマクロでアップを撮るしかない。そうなるとまず構図が限られ、被写体の向きを変えるのも一苦労。結局、被写体と使用目的次第で使い勝手の良さが変わる品物か。
 うちでは前に撮影用のバックに1mの布地買ってきたけど、垂らす分含めて最低1m30cmは買っておくべきだったと後悔しました。あと、黒や白や青はともかく撮影に適したグレーというのは安価な生地にはまず無いので、グレー使いたいなら、これは便利かもね。

 結論、もしこのシリーズを買うならまずスタジオかライトを目的に合わせて買う。小さめの物しか撮らないのであれば、スタジオを買って他は安価なものを必要に応じて工夫して使う。わりと大きめのフィギュアやガンプラも写すなら、とりあえずライトが使い物になるかどうか──って大きければ光量や範囲が足らなかったりするかもしれないが。
スタンド──三脚は、正直もっと安いのがあるだろう。置く場所があるなら、がっちりした中程度のビデオ用三脚がはるかにマシ。

|

« 時は未来、所は……あれ? | トップページ | 「なになにになった青年」……がヒント »

コメント

なるほど、となると、コクヨの「キレイに撮り隊」って、この手の商品を選べない初心者からボッたくる(コラ)のが目的なのか!?
 と勘繰るのは別として取り敢えずトータルコーディネートでしょうかね?
私は別個に買います。っか、いい加減三脚買わないと一脚では完全固定は難しい(^-^;

投稿: 神子秋沙 | 2004/01/20 23:21

 ぼったくる……って程とは思いませんが、まあ多少高い感じがしても特長が感じられるのは、スタジオとライトですよね。
 デスクトップで使う分にはこの二つで必要十分ですから、あとは価格とお財布との相談。

 ライトですが、同じようなアームで30Wミニレフランプでよければ、オーム電器?の電気スタンドを2,980円で見かけました。蛍光灯スタンドだとやはりもうちょい高いですが、それでも五千円は切ります。無論もっと安いものもあるでしょう。
 レフランプは安いけど、このサイズだと多分フラットには当たらないので、工夫が必要になります。電気代も食いますし、熱も高いです。電球型蛍光灯に替えれば同じですが、出っ張るのでシェードが役にたちません。
 ちなみに私は昔から持ってる写真など撮影用の大きいサイズのレフランプ使ってますが、大きいとさらに熱も持つし寿命も短いし、クリップタイプなので三脚も二つ使うなど、大仰になり場所をとってます。

 照明のセッティングにもよるでしょうが、最低二つ使うとなると安物とは三~四千円前後の差が出ますね。
 デジカメライトはあのスタイルと可動シェードが特長といえるので、あれに残り数千円を出すと考えた方がいいんでしょう。コンパクトなものを探すのも難しい地域なら、十分売れるんじゃないんでしょうか。──スタンド(三脚)はともかく。

投稿: やずみ | 2004/01/23 00:53

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジカメには、安くて便利:

« 時は未来、所は……あれ? | トップページ | 「なになにになった青年」……がヒント »